エレクタシナジー

新たながん治療法の切り札

エレクタシナジー

日本人の死亡原因の1位は男女変わらず、がんによるものと言われています。

現在ではがんに対する知識も広まり、予防を促すキャンペーンも定期的に行われていますよね。

医療現場でも日々、がん治療の研究が進められています。

 

現在、新たな治療法の切り札と言われているのが、エレクタシナジーです。

エレクタシナジーとは、映像機能を備えた高度のデジタルリニアアクセラレータのことを指します。

デジタルリニアアクセレータとは、放射線治療装置のことです。

つまり、エレクタシナジーとは映像機能のある放射線治療装置のことなのです。

 

エレクタシナジーはエレクタ株式会社により、研究・開発されました。

エレクタ株式会社は1993年に設立されてから、最先端の機器を各医療専門家に提供し続けています。

世世界規模の医療技術企業として、有名な会社でもあります。

 

エレクタシナジーが発表されたのは2002年。

短時間で治療が行える画期的な治療方法として注目を集めました。

 

放射線治療は確かにがんに有効です。

しかし、強すぎる効果のため、患者自身の体にも負担がかかってしまうのです。

また放射線治療は時間がかかるほど、効果が薄まることがあります。

治療時間を短くすることは患者の負担を軽くするだけではなく、治療そのものの効果を上げることにも繋がるのです。

 

画期的な視点から開発されたエレクタシナジーは、今も研究が進められています。

人類ががんを克服する日が、すぐそこまで近づいているのかもしれませんね。


あなたにお勧めする商品